ダイエットを考えるサイト トップ > ダイエットQ&A > 術後の生活は?

ダイエットQ&A

術後の生活は?

美容外科で治療を受けた後、治療内容にもよりますがすぐに体を動かすことは難しいでしょう。そこで気になるのがどのくらいで普段通りの生活が出来るようになるのかということ。治療前に知っておくと後々の計画が立てやすくなります。治療は脂肪吸引ならメスを入れ、脂肪溶解注射でも患部に針を刺します。そのため治療した箇所に痛みが生じたり腫れが出てきたりしますが、脂肪溶解注射の場合強く痛みが感じられるのは最初だけで、3日程度経つと徐々に引いていきます。範囲が広い腹部や太ももに脂肪吸引を行ったとしても、あまり体を動かさないような仕事なら次の日に行うことも可能です。しかし職業柄アクティブに動くことが多いという人は、治療後3日前後は仕事を休んだ方がいいでしょう。痛みや腫れはどうしても個人差が出てくるので仕事を休む日数にも差は出てきますが、脂肪溶解注射は治療時の負担も少ないので翌日から仕事復帰することも出来ます。また、この治療の場合は後に通院する必要性もないので時間を割くこともありません。日常生活ではシャワーも治療をしたその日に浴びることが出来ます。しかし脂肪吸引の場合は患部を濡らすことが出来ないので注意が必要です。

費用の相場がわからない

美容外科にてダイエットプランの治療を受ける際には、あらかじめ複数の美容外科でのカウンセリングを通して、医師とどのような治療方法が最適なのか、または、治療内容に関する疑問点を質問、相談を行っておくことが重要となります。検査を通して患者の体質を元に最適なプランの提案を行うので、提案された治療内容や予算を元に納得のいくプランを組みましょう。このような流れでカウンセリングを進めることで、

続きを読む

ずばり痛いの?

痛みはありません。もう少し詳しく言うと、チューブを差し込んで痛いとか、術後しばらく鈍痛が続くとか、そういう痛みはないということです。脂肪吸引の治療は、専用の器具を使って体内にある脂肪細胞を吸収します。カニューレという器具を治療箇所に差し込み脂肪細胞を吸収するため、麻酔が必要な治療です。脂肪吸引で使用される麻酔には鎮痛効果と止血効果の成分が含まれており、痛みを感じることなく治療を進めることが出来ます。

続きを読む
大阪ダイエット編 大阪でダイエットできるおすすめクリニックを一挙公開!